無線機レンタル インカムトランシーバー

作品名ブルーの絨毯の上のブーケ
作 者ピエール・ボンコンパン
額付サイズ約60×73cm 絵サイズ50.5cm×63.5cm
技 法

◆リトグラフ◆

リトグラフ(石版画)は、1798年 ドイツのアロイス・ゼネフェルダー氏が発明したもので、石や金属版を使用した版画の手法の一つです。

特定の石や金属の平面上に、石や金属版を油性の画材で描いた後、水と油の反発性を用いて版をつくり、石や金属版を描画された油の部分のみインクを付着させ、紙をのせて刷っていきます。

豊富な色のリトグラフは、一色につき一版ずつ必要なので、色分解された版をつくる作業を繰り返し、重ねて刷りあげていくのです。

重厚な表現もでき、版画の主流的技法になっています。

お客さまのご要望により二次代理店様募集!無線機販売専業での売上高業界�1

ピエール・ボンコンパン「ブルーの絨毯の上のブーケ」-開運インテリア

2014.8.13

ピエール・ボンコンパン「ブルーの絨毯の上のブーケ」-開運インテリア

【大きいサイズ・メンズ】ウルトラブラックストレッチフォーマルスーツ

2014.5.2

50周年を迎えた鼓月の千寿せんべいとのコラボレーション
ウェッジ株式会社は、この度の移転に伴い、今年50周年を迎えた鼓月の千寿せんべいとコラボレーションをします。
千寿せんべいとは、波間に飛鶴の影が映る、おめでたい情景をあらわし、千代の寿ぎを願って「千寿」の名をつけられています。あっさりとしたシュガークリームをはさんだ口ほどけのよいヴァッフェル生地のおせんべいで京都では昔から手土産として重宝されています。
(鼓月様公式HPより抜粋) ボス スーツ ビジネス メンズ BOSS Wave CYL Flat Front Solid Wool Trousers Dark Blue